骨粗しょう症|仙川の整形外科「仙川整形外科」

京王線「仙川駅」より徒歩3分/小田急バス停「仙川」目の前

各種クレジットカード、電子マネーご利用可能です

【電話受付】9:00~12:30 / 14:30~18:00
※木曜、土曜午後、日祝休診

骨粗しょう症

骨粗しょう症について

骨粗しょう症とは、老化やカルシウム不足、日照不足などによるビタミンD欠乏状態、糖尿病、運動不足、喫煙や飲酒、閉経による女性ホルモンの減少などが原因となって骨量(カルシウムやコラーゲンなど)が減少し、鬆(す)が入ったように骨がスカスカになり、もろくなる疾患です。
骨量は、20~30歳頃の若い時期をピークに、年を重ねるとともに減少していきます。この骨量、ひいては骨密度(単位体積あたりの骨量)が減少を来たすとともに、コラーゲンの質が低下することによって骨粗しょう症と言われる状態になります。

骨折リスクを減少させるために

骨粗しょう症になると背骨が体の重みでつぶれたり、背中や腰が曲がったり・痛んだり、ちょっとした転倒で骨折するといった事態を引き起こしがちになります。なかでも足の付け根の骨(大腿骨近位部)を骨折すると、体を支える機能が損なわれてしまうため、要介護状態にもなりかねません。
しかし、専門的な治療やリハビリテーションを含めた適切な生活改善を行えば、骨密度の減少を改善し、骨折リスクを大幅に減少させることが可能です。

骨粗しょう症と女性ホルモンの関係

骨粗しょう症は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下する更年期以降に特に多く見られます。エストロゲンには、骨の新陳代謝に際して骨吸収を緩やかにし、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きがあります。閉経して、このエストロゲンの分泌量が減少してきますと、骨吸収のスピードが速まるため、骨形成が追いつかず、骨がもろくなってしまうのです。そのため、閉経を迎える50歳前後から骨量は急激に減少し始めます。そのため、50歳になる前に一度は骨粗しょう症の検査を受けるよう、お勧めいたします。
一方では、偏食や極端なダイエット、過度の日照不足、喫煙や過度の飲酒なども骨粗しょう症の原因と考えられており、最近では高齢女性だけでなく、若い女性の骨粗しょう症も問題視されています。

「FRAX」による骨折リスクの診断

“FRAX”(fracture risk assessment tool)とは、WHO(世界保健機関)が開発した「骨折リスク評価法」です。FRAXは40歳以上の人を対象にしており、この評価法を用いると、被評価者の今後10年間の骨折リスクが診断できます。
FRAXで骨折リスクが高く出て心配な方は、受診をお勧めいたします。

参考:FRAX骨折リスク評価ツール

骨粗しょう症の診断・検査

骨粗しょう症の診断にあたっては、骨密度検査、X線検査、身長測定などが行われます。

骨密度検査

骨の強さを判定する際の重要な尺度の1つに「骨密度」があります。当院の骨密度の検査では、GE社の新製品Chorale(コラール)による腰椎・大腿骨の骨密度検査を行っています。従来機種と比べ、検査途中での体位の変換がなくなり、検査時間も短縮されたことにより患者さんの負担を軽減することができるようになりました。

X線検査

主に背骨(胸椎や腰椎)のX線写真を撮り、骨折や変形が無いか、また「骨粗しょう化」(骨に鬆(す)が入ったようにスカスカになっていないかどうか)の有無を確認します。骨粗しょう症と他の疾患との鑑別に必要な検査です。

身長測定

25歳時点の身長と比べて、どのくらい縮んでいるかを調べます。25歳の頃より4cm以上低くなっている場合は、それほど低くなっていない人と比べ、骨折リスクが2倍以上高いという報告があります。