SVF(脂肪幹細胞の再生医療)|仙川の整形外科「仙川整形外科」

京王線「仙川駅」より徒歩3分/小田急バス停「仙川」目の前

各種クレジットカード、QRコード決済がご利用可能です

【電話受付】9:00~12:30 / 14:30~18:00
※木曜、土曜午後、日祝休診

SVF(脂肪幹細胞の再生医療)

再生医療等の名称

脂肪由来SVF (非培養)による変形性関節症(膝関節・股関節・肘関節・肩関節)治療(以下「SVF治療」)

SVF治療の目的

SVF治療は、変形性関節症(以下「OA」と言います。)を有する患者様自身から採取した脂肪組織から作製した脂肪由来SVF(以下「SVF」)を膝関節・股関節・肘関節・肩関節の関節腔内に注入し、SVFに含まれる幹細胞等の働きにより、患部の疼痛の軽減や、抗炎症作用を目的とする治療です。

変形性関節症に対するこれまでの治療法

変形性関節症(OA)

OAは関節が変形して痛みがでる疾患ですが、痛みの原因は炎症、拘縮、骨への刺激などさまざまです。
変形性関節症の初期では関節の中で炎症が起こり、そのために痛みが出ます。この時期の治療としては、一般的に消炎鎮痛薬の内服、外用(湿布など)、ヒアルロン酸注射などを使用します。
炎症が続くと関節を包んでいる膜(関節包)などが硬くなり、刺激を受けやすくなります。この時期の治療としては、一般的にリハビリテーション、ヒアルロン酸注射などを行います。さらに変形が進むと軟骨がすり減って、軟骨の下の骨自体も変形してしまい、強い痛みが出ます。この状態になると、高位脛骨骨切り術や人工関節置換術が行われています。
消炎鎮痛薬の内服、外用(湿布など)、リハビリテーション、ヒアルロン酸注射等の治療は、一時的に痛みなどの症状を抑える効果がありますが、症状の原因である組織の損傷を修復するものではありません。関節の変形が著しく(関節軟骨のみならずその下の骨まで損傷が進んでいる)、自己修復力による修復が期待できない場合は、人工関節置換術も選択枝のひとつになります。

SVFとは

SVFは、脂肪組織に酵素処理や遠心操作をすることによって得られる沈殿成分であり、幹細胞や多分化能を持つ細胞が含まれています。これらの細胞と、これらの細胞が産出するサイトカインや成長因子が損傷した組織の修復を行うと考えられています。
動物実験では、SVFの投与により運動機能の改善や痛みの減少、軟骨の修復が確認されています。
また、OA患者に対する臨床例も数多くあり、痛みの減少や軟骨組織の修復が確認されています。
さらに海外では、SVFを使ったOA治療について臨床試験が実施されており、現時点において、重篤な有害事象、感染症などによる入院や脂肪採取時の重篤な問題は発生していません。

治療のながれ

治療に先立ち、まずは問診、視診、レントゲン写真などの検査により病状を正しく診断し、患者様に十分説明の上、書面による同意を得ます。SVF治療は、脂肪吸引術により患者様の下腹部や臀部または大腿部の皮下から約50~100 mLの脂肪組織を採取することから始まります。
採取した脂肪組織は同じ医療機関の中にある加工室に速やかに運ばれ、酵素処理操作によりSVFを作ります。
SVFの作製は加工室に設置された、滅菌されたディスポーザブル容器の中で行われます。
SVFの作製は、脂肪組織が充填されてからSVFができあがるまで、閉鎖されたこのディスポーザブル容器の中で行われており、外部から異物が入るおそれはありません。
SVFの投与に際しては、SVFがあらかじめ決められた手順・方法で作製されていること、あらかじめ決められた検査に適合していることを確認します。SVFの投与は通常の関節腔内注入と同じ手技で行います。
痛みを強く感じるときは適宜鎮痛剤を服用してください。
非培養の脂肪由来SVF では培養の場合と異なり、日帰りで脂肪採取から患部への注入が可能です。反面、より多くの脂肪吸引が必要のため、下腹部の大部分など広い範囲からの脂肪採取が必要で、採取したところの痛み、腫れが数日間つづくことがあります。非培養のSVFのあと数日間は、無理をしないようにしましょう。

治療後の安全性評価

本治療を受けた日から1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に定期的に通院して頂き、一般的な問診と来院時までに患者様が何らかの病気になった(なっていた)かについて確認します。また、必要に応じてCT、MRI等の検査を行う場合があります。

脂肪組織採取からSVF投与までの流れ